EXCAR

ランボルギーニ・エスパーダ [ランボルギーニ/エスパーダ] - EXCAR

EXCAR > Car > ランボルギーニ > エスパーダ

ランボルギーニ・エスパーダ [ランボルギーニ/エスパーダ]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ランボルギーニ・エスパーダ(Lamborghini Espada/蓝宝坚尼・Espada), Espada.jpg

ランボルギーニ・エスパーダ(Lamborghini Espada/蓝宝坚尼・Espada)は、1968年から1978年まで生産されたグラントゥーリズモ。エスパーダとはスペイン語で「剣」を意味する。

エスパーダの3ドアハッチバックボディのデザインは、ミウラ同様、ベルトーネに在籍当時のマルチェロ・ガンディーニによるもので、1967年ジュネーヴ・ショーに出品されたランボルギーニ・マルツァル、同年のロンドンショーにデビューしたジャガー・ピラーナという2つのプロトタイプのモチーフが生産モデルとして現実化されたものである。

エスパーダは完全4シーターのスーパーGTとして設計され、400GT、ミウラと同じV12エンジンをフロントに積み、全4輪ディスクブレーキを備えていた。

10年にわたる生産期間に1217台という、当時のランボルギーニとしては比較的多数が生産されたが、途中2回のモデルチェンジがあり、シリーズ1(S1・1968-1970年 生産台数186)、シリーズ2(S2・1970-1972年 生産台数575)、シリーズ3(S3・1972-1978年 生産台数456)の3種に区別される。 シリーズ毎にダッシュボードのデザインが異なる他、S3のフロントグリルとホイールデザインはS2までのものから大きく変わっている。1970年にはパワーステアリング がオプションとなり、74年にはランボルギーニとしては初めてオートマチックも用意された。75年には対米仕様のバンパーが黒い衝撃吸収式となった。1978年のランボルギーニ社倒産と共に生産中止され、その後復活しなかった。

EXCAR > Car > ランボルギーニ > エスパーダ

EXCAR > Car > ランボルギーニ > エスパーダ

EXCAR - ランボルギーニ・エスパーダ [ランボルギーニ/エスパーダ]

サイト内検索
Links
Online
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.