EXCAR

ランボルギーニ・ミウラ P400 SV [ランボルギーニ/ミウラ/P400 SV] - EXCAR

EXCAR > Car > ランボルギーニ > ミウラ > P400 SV

ランボルギーニ・ミウラ P400 SV [ランボルギーニ/ミウラ/P400 SV]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ランボルギーニ・ミウラ P400 SV(Lamborghini Miura P400 SV/蓝宝坚尼・Miura P400 SV), Miura_P400_SV.jpg

ランボルギーニ・ミウラ P400 SV(Lamborghini Miura P400 SV/蓝宝坚尼・Miura P400 SV)は、1971年3月、ジュネーブショーで登場した。 ミウラP400SVは、7850rpmで385馬力まで出力を上げたミウラである。"SV"は"Sprint Veloce"で「より速い車(にチューンされた)」という意味で使っている。絶え間ない変更により当初の設計目的がこのSVでやっと実現した。ミウラSVこそ本物のミウラであり、現在における市場での取引価格もそれを示している。

インテークを大きくし、キャブレターを変更、カムタイミングも変更してこの出力が達成されたが、リアサスペンションがさらに強化され、リアタイヤは9インチホイールとなりピレリーのチンテュラート(CINTURATOラジアル)を履いた。そのためリアフェンダーもワイドになってより攻撃的な印象となっている。外見の変更は、ヘッドライト周りの睫毛(まつげ)状のグリルがなくなりシンプルになっていること。その下のフロントグリルも横長の楕円状だったものが上部中央が前方下部に張り出し、ミウラSより口元を少しすぼめた感じになっている。あわせてターニングランプも変更された。リアのコンビネーションランプにはバックランプが組み込まれた。この世代からようやくエンジンとミッションの各潤滑系が分離され、オプションでLSDが用意されたが実際に装備されている車は少ない。 ミウラP400SVモデルは約150台が生産された。うち一台はフランク・シナトラも購入している。

EXCAR > Car > ランボルギーニ > ミウラ > P400 SV

EXCAR > Car > ランボルギーニ > ミウラ > P400 SV

EXCAR - ランボルギーニ・ミウラ P400 SV [ランボルギーニ/ミウラ/P400 SV]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.