EXCAR

レクサス・LFA [レクサス/LFA] - EXCAR

EXCAR > Car > レクサス > LFA

レクサス・LFA [レクサス/LFA]


印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS

レクサス・LFA(Lexus LFA/雷克萨斯・LFA)は、トヨタ自動車のプレミアムブランドであるレクサスのスーパーカー。

LFAは、LEXUSブランドのプレミアムスポーツを示す「F」の頂点に立つクルマとして、運転する楽しさがもたらす「感動・官能」を極限まで追求し、ドライバーの意思にしっかりクルマが反応することで生まれる一体感に加え、限界領域でのクルマの安定感がかもし出す懐の深さなど、LEXUSのエモーショナルな世界を広げる非日常的な性能を高い次元で実現。

「IS-F」に始まったレクサスのプレミアムスポーツ「F」シリーズの頂点に立つと同時に、「世界超一級レベルの運動性能と超一流の「感性と官能を持ち合わせるスーパースポーツカー」として世に送り出すべく、2000年の初頭頃からその開発が進められていた。

それから4年後となる2004年10月頃、ドイツの「ニュルブルクリンク・サーキット」にて初の試験車両が走行テストを開始。まだエクステリアこそ開発途上であったが、この頃より「フロントエンジン・リアドライブ方式(FR)の2シータースポーツ」として開発が進められていることが世界各国の自動車関連メディアでスクープされた。

翌2005年1月にアメリカで開催された「2005年北米国際オートショー(デトロイトモーターショー)」においてコンセプトカー、LF-Aを初披露する。LF-Aとは「Lexus Future Advance」の頭文字を取ったものであり、当時まだ本格的なスポーツカーをラインアップに持たなかったレクサスブランドにおける「フラッグシップスポーツ」のコンセプトとしてレクサスブランドの未来を提示したコンセプトカーに過ぎなかったが、搭載されるエンジンの排気量は5リッター以下、そして最高出力は500馬力以上で最高速度は320Km/h以上にも達するとアナウンスされていた。

LF-Aのスタイリングは前年にスクープされた試験車両とほぼ同一のフォルムであったが、この時点でショートデッキ+ロングーズのトラディショナルなFRスポーツで、かつリアにラジエターを設置するという斬新な方式が採られた今日の「LFA」に続く基本的なスタイリングが完成していた。

また同年に開催された「東京モーターショー」にもLF-Aが展示され、搭載エンジンがV型10気筒になることが明かされた。また同エンジンのモックアップも展示されるなど徐々にその詳細が明かされてきた。

その後もLF-Aはドイツのニュルブルクリンク・サーキットを中心に、世界各国での試験走行が実施され、そのたびに自動車メディアがこぞってスクープしつづけるなど、確実に発売へ向けてコンセプトカー「LF-A」は進化を遂げていった。

そして2007年、2年前と同じ「デトロイトモーターショー」にてレクサスは本格的なスポーツ路線を打ち出したことを正式に発表する。それが今日の「プレミアム・スポーツ”F”」であり、その第一弾として4ドアコンパクトセダンの「IS」をベースとしたスポーツモデル「IS- F」を正式発表。それと同時にLF-Aコンセプトカーも2代目へと発展する。

LF-Aは発展途上であった05年モデルのイメージを引き継ぎならも大幅にデザインを変更する。初代よりも妖艶なスーパースポーツらしいエクステリアへと生まれ変わり、フロントフェイスこそ未完成であるものの既にこの時点で今日のLFAへの全体的なフォルムは完成していた。

またLF-Aの搭載エンジンがV型10気筒の自然吸気(NA)であることが改めて公表されたほか、ボディはCFRPで構成されることが明らかになるなど、メーカー自らが正式な発売に向けてより詳細なスペックを明らかにした。なお、この2代目LF-Aコンセプトは同年開催の東京モーターショーにも参考出品された。

翌2008年のデトロイトモーターショーにはルーフを切り取ったLF-A ロードスターモデルが登場。基本的なスペックは前年モデルと変わらないものの、新たに「車速感応式リアウィング」を搭載することを公表した。また「パドルシフト(シーケンシャルマニュアルトランスミッション)」を装備することが合わせて公表されるなど、今日のLFAにはトヨタF1譲りの技術が数多く投入されていることをアピールしていた。

そのほか、2009年の東京オートサロンにはニュルブルクリンク24時間レース仕様車が「GAZOO Racing」ブースより出品されている。

LF-Aは、F1マシンなどのレーシングカーを中心に欧米のスーパーカーがこぞって採用してきた、自動車の部品で最も重量が重いエンジンを車両の重心となる中央部(後輪の前方)に搭載し、飛びぬけて高い運動性能を有する「ミッドシップ(MR)」方式ではなく、車両前方にエンジンを搭載して後輪を駆動するというオーソドックスな「フロントエンジン・リアドライブ方式」(以下:FR)を敢えて採用した。 それはどの駆動方式よりも速い速度域でコーナリングが可能であると引き換えに、車両性能の限界を越えた際の急激な姿勢変化と挙動の大きな乱れという諸刃の剣的なミッドシップ特有の運動性能であるが故の危険性をカバーでき、かつそれらよりも300Km/h以上の超高速域での直進安定性の高さが確保できるということからLFAではFRが採用された。

LFAは、ミッドシップを超える運動性能と高い操縦安定性を持ち合わすべく、重量物となるエンジンを始めとしたすべてのパーツを車両の中央部分に寄せることを目標にパッケージングされた。まずエンジンとトランスミッションを切り離し、エンジンは前輪よりも後方に搭載してトランスミッションは後輪の前方に搭載するという「トランスアクスル レイアウト」を採用。これで前後の重量バランスは「前48:後52」と、ミッドシップに匹敵するトラクション性能を確保すべくFRとしてはやや後方寄りの重量配分となった(参考値として4ドアサルーンのレクサスISではその真逆となる「前52:後48」となる)。

10月21日、日本にて開催された「第41回東京モーターショー」の開幕初日にて市販仕様車のLF-Aを世界初のアンベール(お披露目)。正式な車名は、同車の開発に大きく貢献したコンセプトカーLF-Aに敬意を払って全く同じLFAと命名。0-100km/h加速は3.7秒で最高時速は325km/hを超えるという日本車史上初の本格的な超高級スーパーカーである。

LFAは全世界で500台の限定生産となり、日本では165台を販売予定である。LFAの販売価格は375,000ドル程度、日本国内でのメーカー希望小売価格は3,750万円程度と発表された。またLFAは通常のレクサスブランド車とは異なる販売方法が取られる。まず発表当日の2009年10月21日から2010年3月21日までの半年間に渡って予約を募り、締め切り後に販売予定台数の165台を超えた予約が入った場合には抽選となり、2010年4月には正式にLFAを手にすることが出来る165人のオーナーが決定する。

LFAは、2010年12月より市販仕様車の生産を開始し、前述の方式で決定したオーナーに引渡し・納車となる。また、2012年にはスペシャルカラーの設定車とサーキットでの走行を前提に置いた高性能仕様となる「LFA サーキットバージョン」を販売予定である。

レクサス・LFA(欧州仕様)主要諸元
全長×全幅×全高(mm)4,505×1,895×1,220
ホイールベース(mm)2,605
トレッドFr/Rr(mm)1,580/1,570
車両重量(kg)1,480
乗車定員(人)2
エンジン型式/総排気量(cc)1LR-GUE/4,805
種類V型10気筒DOHC
最高出力(kW[PS]/rpm)412[560]/8,700
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)480[48.9]/6,800
変速機6速ASG
駆動方式FR
サスペンション Fr/Rrダブルウィッシュボーン/マルチリンク
ブレーキ Fr/Rrディスク(CCM)/ディスク(CCM)
タイヤ Fr/Rr265/35ZR20(95Y)/305/30ZR20(99Y)
最高速度(km/h)325
0-100km/h加速(sec.)3.7
EXCAR > Car > レクサス > LFA

EXCAR > Car > レクサス > LFA

EXCAR - レクサス・LFA [レクサス/LFA]

サイト内検索
Links
Online
3 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.