EXCAR

ロータス・セブン [ロータス/セブン] - EXCAR

EXCAR > Car > ロータス > セブン

ロータス・セブン [ロータス/セブン]


印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
ロータス・セブン(Lotus Seven/莲花・Seven), Seven.jpg

ロータス・セブン(Lotus Seven/莲花・Seven)は、1957年から1970年代にかけて生産、販売されていた。 ロータス・セブンは、「ロータス・マーク6」の流れを汲むチューブラーフレームにアルミ外板を張ったセミモノコック構造をとったオープンホイールのクラブマンレーサーで、1957年秋のロンドンショーにて、斬新なFRPモノコックシャシーを持つ「ロータス・エリート」と同時に発表された。

スタビライザーと兼用のダブルウィッシュボーンによるフロントサスペンションと、Aアームの一点で前後・左右・回転の3方向の力を支えるリアサスペンションが特徴的で、これにより部品点数の削減によるコストダウンと軽量化を兼ねていた。

当時のタイヤの性能では、これでも充分な強度があり、必要以上の強度を持たせる事による重量増加を嫌うコーリン・チャップマン(Anthony Colin Bruce Chapman, 1928年 - 1982年)の思想が伺える秀逸な設計である。

「ノーマル」のモデルを「ロータス・セブン」といい、フォード100E、116Eや、BMC・Aタイプなどのエンジンが積まれていた。 更にチューンアップされたエンジンを積んだ高性能バージョンも用意され、これを「スーパーセブン」という。 ロータスセブンはシリーズ1~シリーズ4までのモデルチェンジが行われ、いくつかのバリエーションの完成品またはキットフォームの形態で販売された。シリーズ4では、当時、最新のレーシングカー技術を取り入れ、スペースフレーム+FRPボディーが使われた。 ロータス社内のモデルナンバーも、当初の7から60に変更された。

当時のイギリスでは自動車を購入する際の物品税が非常に高かったのだが、キットの状態で購入して自分で組み立てれば安く手に入れる事ができた。

また、エンジンやトランスミッションなどの高価な部品を含まない廉価版のキットを購入し、スクラップになったドナー車から好みのエンジンを流用して組み立てる事で、更に購入価格を押さえる事もできた。多くの部品が乗用車からの流用で、構造が簡単で改造も容易なキットカーであったため、可能な事であった。経済力の弱い若者がモータースポーツを始めるには最適なモデルであった。

また、会社としての体力がまだ小さい初期のロータス社にとっても、大がかりな生産設備を必要としないセブンは、生産をスタートさせるまでのハードルが低かった。しかしそれ故に、手作業による生産工程が殆どをしめるため、大量生産を行うには生産性が悪い。後に会社が大きくなったロータス社はセブンの生産を終了し、その座を後継であるロータス・ヨーロッパが引き継ぐ事となった。

ロータス社がセブンの生産を終了した際、ロータスの代理店であったケーターハム社が1973年にセブン・シリーズ4の製造販売権と、在庫部品、治具などの生産設備を買い取って生産を続行し、現代に至る。 ケーターハム社は、当初はFRPボディーのシリーズ4を生産していたが、ボディーの在庫が終了した後は、より製造が容易なアルミボディーのシリーズ3に生産の主力を移した。 これは、北米でのバギーブームから生まれたシリーズ4のデザインの人気の無さと、当時、これほど大きなFRPボディーの作成は、ロータス社以外では難しく、フレームを含め多くのパーツを社外に注文するケータハムの製造方法ではコストが多額に掛かったためである。

1982年に、ロータスの創始者コーリン・チャップマンが心臓発作で死去すると、ロータス社を継いだ妻のヘイゼル・チャップマンは人件費の安い南アフリカに支社を設立し、現地へ移民したイギリス貴族バーキン卿の起こした「バーキン」というレプリカ専門のメーカーにセブンの再生産を任せる計画を立てた(バーキン卿の祖父はルマン24時間レースで2度の優勝歴がある車好きである。) ヘイゼル・チャップマン、当時のロータスF1ドライバーをまねいての発表会のために2台のバーキン社製のロータス セブン シリーズ3が制作されたと言われている。 しかし、アパルトヘイト(人種隔離政策)問題で南アロータスの計画そのものが頓挫してしまい、以後、その時の契約を盾に、バーキンはロータスとは関わりなくセブンの生産を続ける事となる。のちにケータハムとの裁判にてシリーズ3の製造権が認められたが、セブンの名前はケータハムに譲渡と、痛み分けで終了することとなった。(この時ウエストフィールドとも裁判をしているが、ウエストフィールドは敗訴し、ボディデザインを若干変更しFRPで制作する事となります。)

その後、世界各国の様々な自動車企業がこれを模した、再現した、またあるいはこれにモチーフを得た車種を製造している。 スーパー7という名称はロータス社製以外のものにも広く用いられるが、ロータス社製以外のものを「ニア・セブン」(ニア7)などとよび区別する愛好家も存在する。

本国イギリスでは、ウエストフィールドなど低価格で購入出来るニア・セブンに人気が集まり、ケータハムよりも多い販売台数となっている。この事は先に出たケータハム裁判につながったとも言われている。

EXCAR > Car > ロータス > セブン

EXCAR > Car > ロータス > セブン

EXCAR - ロータス・セブン [ロータス/セブン]

サイト内検索
Links
Online
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.