EXCAR

三菱・GTO [三菱/GTO] - EXCAR

EXCAR > Car > 三菱 > GTO

三菱・GTO [三菱/GTO]

Car三菱

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
三菱・GTO(MITSUBISHI GTO/三菱・GTO), GTO.jpg

三菱・GTO(MITSUBISHI GTO/三菱・GTO)は、1990年にスタリオンの後継車として登場したフラグシップスポーツクーペ。前年、1989年に第28回東京モーターショーで三菱・HSXという名で参考出品された。全グレード駆動方式は4WDのみ。

GTOのスタイリングは三菱らしい個性の強いもの。コークボトルラインの魅惑的なボディの絞り込まれたサイドに描かれる美しいZラインの綾線はデザイン上のハイライトとなっている。全幅は1840mmと当時のライバル達の中で随一の全幅を持つ。GTOのデザイン上の特徴として良く取り上げられるサイドエアダムのエアインテークは、モーターショー出展時のHSXではブレーキ冷却ダクトだった。HSXは2シーターであったが、市販化にあたり後部座席を設置しなければならなくなり、後部座席周りの設計上の都合により市販車ではダミーとなってしまったという経緯がある。マイナーチェンジにより、ダミーであったエアインテークにはタイヤハウスに空気が抜ける孔が設けられているが、直接的にはブレーキ冷却機能は与えられていない。サーキット走行などでは、フロントヘビーによるアンダーステアが指摘されている。

海外へは「3000GT」という名称で輸出され、こちらにはSL,RTという自然吸気エンジンの前輪駆動モデルもあった。トップグレードであるVR-4はAWDで320psの出力を発生させていた。また姉妹車としてクライスラーの傘下のダッジブランドに於いては「ダッジ・ステルス」として販売されていた。北米では電動格納式ハードトップのオープンモデルである「3000GTスパイダー・リトラクタブルハードトップ」と呼ばれるモデルも設定された。これは1959年フォードスカイライナーがカタログから消えて以来の電動ハードトップの復活であり、現在に続くリトラクタブルハードトップ流行の先鞭をつけたものだった。 なお、3000GTの前輪駆動モデルのブレーキキャリパーはディアマンテと同様のスライド式2ピストンキャリパーであり、国内仕様のような4ピストン対向キャリパーはターボモデルだけで、6ピストン対向キャリパーは採用されなかった。

GTOあサーキットの舞台には縁遠い存在に思われがちだが、1998年頃まではN1耐久選手権(クラス1)に参戦していた。マシンメンテナンスをTest&Serviceが担当し、レースでは最高峰クラスであるクラス1で当時最強を誇っていた日産・スカイラインGT-Rの対抗馬的存在として活躍している。しかし、前述の通りの重い車重やフロントヘビーな重量配分が祟ってか、スカイラインGT-Rといい勝負を演じるものの勝つには至らず、結局参戦した期間では2位がベストリザルトであった。

EXCAR > Car > 三菱 > GTO

EXCAR > Car > 三菱 > GTO

EXCAR - 三菱・GTO [三菱/GTO]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.