EXCAR

日産・スカイライン R32型 [日産/スカイライン/R32型] - EXCAR

EXCAR > Car > 日産 > スカイライン > R32型

日産・スカイライン R32型 [日産/スカイライン/R32型]

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS
日産・スカイライン R32型(Nissan Skyline R32), Skyline_R32.jpg

日産・スカイライン R32型(Nissan Skyline R32)は、1989年5月に発売。

8代目となるR32型スカイラインは、4ドアセダン7グレード、2ドアクーペ5グレードで登場。GT-R以外の系列は最後の5ナンバースカイラインとなる。当時日産が推し進めていた901運動の最重要車種として開発された。ボディタイプはR31型まで存在した4ドアセダン、およびステーションワゴンが姿を消し、ピラードハードトップ構造の4ドアスポーツセダンと2ドアクーペの2本立てとなった。4ドアハードトップはR32型を最後に消滅した(R33型以降は窓枠付きのセダン)。 標準モデルの搭載エンジンは直列6気筒が215psまでパワーアップされたRB20DET型(GTS-t)を筆頭にRB20DE型(GTS)、SOHCのRB20E型(GTE)と直列4気筒SOHCのCA18i型(GXi)もあったが、R31型まで設定されたディーゼルエンジンの設定はなかった。中でもR32型のGTS-4にはRB20DET型エンジンにGT-Rと同じアテーサE-TSを組み合わせているのでGT-R並の高性能も味わえた(実際には鉄パーツ多用による重量と、ブリスターフェンダー非装着なのでトレッドの狭さがあるが)。後にマイナーチェンジで2500ccのRB25DE型を搭載し、5速ATを組合わせたGTS25も追加され、GT-R以外の3ナンバーモデルも発売されたが、A31型セフィーロの様に全車3ナンバー化はされなかった。またこのモデルから4気筒、6気筒に関わらず、すべてのグレードにおいて丸型4灯テールランプが採用されている。

GT-Rの復活ばかりが注目され陰に隠れる形になってしまった標準モデルだが、当時の基準としてはボディがやや肥大化しすぎた感があった7代目をダウンサイジングしてスリム化したスタイリングは、自動車評論家やレーサーからは最もバランスの取れたモデルとして歴代のスカイラインの中でもきわめて評価が高い。しかし、先代と比べてかなり狭くなった車内空間(特に後部座席)でファミリーユースが減少、新たな兄弟車種であるセフィーロの存在、そして車の流行がミニバンやRVに変わっていった時期とも重なり、販売台数は落ち込んでしまう。なお、前期・後期共に教習車仕様が存在していた。

パトカー仕様の設定はこの代が最後となる(YHR32型車が1991年8月まで製造)。なお先代R31型までは中東やオセアニア向けなどの輸出仕様が存在したが、このR32型は日本国内専用モデルであった。

EXCAR > Car > 日産 > スカイライン > R32型

EXCAR > Car > 日産 > スカイライン > R32型

EXCAR - 日産・スカイライン R32型 [日産/スカイライン/R32型]

サイト内検索
Links
Online
12 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.