EXCAR

BMW・02シリーズ [BMW/02シリーズ] - EXCAR

EXCAR > Car > BMW > 02シリーズ

BMW・02シリーズ [BMW/02シリーズ]

CarBMW

印刷に適した表示 単語検索 最新ページのRSS

BMW・02シリーズは、1966年から1977年にかけて製造、販売されていた小型2ドア・セダンで、日本では「マルニ」の通称で呼ばれることもある。最も生産台数の多かったのは2,000cエンジンを搭載した2002であったが、最初にデビューしたのは1966年の1600-2で、後に1602と改称された。また、中間車種の1,800cc版、1802、1,600ccエンジンながらモデル末期に設計された廉価版の1502がある。

初期・前期型のデザインは、二灯式のヘッドランプとキドニーグリルを配したフロントマスク、丸型のテールランプによって柔和な印象を与える。1973年秋に登場した後期型は、キドニーグリル周りがブラックアウトされ、テールランプが角型となっている。

02シリーズはシングル・キャブレター、ツイン・キャブレター、インジェクション、ターボとエンジンのバリエーションをグレードアップさせていったが、1975年には新しい5シリーズ(E12)と同じコンセプトで設計された3シリーズ(E21) へとバトンタッチされた。なお、廉価版・省燃費版のBMW1502のみは1977年6月まで生産された。

1962年に発表されたいわゆる「ノイエ・クラッセ(英:New Class)」、1500シリーズの4ドア・モデルは購買層に絶大なる支持を受け、排気量をアップさせたりボディデザインを変更させたりと数々の派生版を生み出してきた。また排気量を1,800ccにアップさせたBMW1800TIなどでは、当時のヨーロッパツーリングカー選手権でタイトルを獲得していた。

1500シリーズは欧州だけでなくアメリカ市場でも好評のうちに受け入れられたが、北米の販売代理店からは「よりスポーティーさを強調する意味でも2ドアモデルが必要だ」との声が多く寄せられた。実際当時の北米市場ではジャガー・Eタイプなどに代表されるイギリス製の2ドアスポーツカーが好調な販売実績を挙げており、販売競争上2ドアモデルの投入は必要不可欠なものと考えられていた。

そこでBMWは、北米市場の要望に応える2ドアモデルとして、1966年のジュネーブショーで2ドア・モデルのBMW1600-2を発表した。

EXCAR > Car > BMW > 02シリーズ

EXCAR > Car > BMW > 02シリーズ

EXCAR - BMW・02シリーズ [BMW/02シリーズ]

サイト内検索
Links
Online
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが Car を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 EXCAR All Rights Reserved.